プレスリリース作成ポイント

  • 実際にPRを行うとなった際に、まずやらなくてはいけないこととして、プレスリリースの作成があります。

    プレスリリースは安価な配信代行サービスなども出ています。プレスリリースは多くの方が作成されたことがあると思いますが、多くの方がおさえきれていない、最も重要なポイントがあります。

    それは各メディアの特性を理解した上で、各メディアの記者に紹介をしたいと思わせる内容で書いているかという点です。プレスリリースの書き方など、体裁については多くの企業で問題なく出来ているのですが、プレスリリースを書く上で最も重要なこの点が何故か見逃されていることがほとんどです。

  • プレスリリース作成ポイント

ターゲットとするメディアがあり、必ずそのメディアに載せたいということであれば、そのメディアを研究し、どのようなコンテンツ・内容であれば掲載される可能性が高くなるのかという点を考慮した上で、そのメディア用にリリースを書くべきです。プレスリリースはメディアごとに内容を変えて送るべきなのです。

もしあなたが記者の立場だったとすると、「メディアのコンテンツや属性も全く考えていない、一見無関係に見えるプレスリリース」と、「内容・ターゲット共に、あなたのメディアに最適と一目で分かるプレスリリース」のどちらを掲載するでしょうか?当然後者です。

また、もう一点知っておくべき重要な点は、記者は非常に忙しいため、自らニュースを作らないという前提です。

これはどのようなことかというと、記者はプレスリリースとして届けられた内容を見て、自ら「このサービスであればこんな出し方をすればニュースになるのでは」と考えず、届けられたプレスリリースそのものにニュース性があるかどうかの判断をするだけどいうことです。当然裏付けのデータ収集などもしないと考えた方がいいでしょう。

そのため、プレスリリースを書く上では、内容がそのまま記事として利用されることを前提に、ニュース性を持たせ、かつ、それを裏付けるデータ等もそろえておくのがベストでしょう。

プレスリリースを書く際の重要ポイント

  • 各メディアの特性を理解し、記者に紹介をしたいと思わせる内容で書いているか
  • そのまま記事として使用されていることに耐えうる内容になっているか。データ等がそろっているか。
質問なんとなく自分ですすめていますが、なかなか記事にならない現状です。プレスリリースを「記者に紹介をしたいと思わせる内容で書く」と言う部分ができていないと思うのですが、何かアドバイスはありませんか?

ターゲットにしているメディアの記者、及び編集者になりきって、出したいメディアの出したい箇所の記事を、ゼロからご自分で創ってみてください。
ちょっと大変ですが、この作業を何度も繰り返していると、なぜ記事になるのか…そのヒントが見えてきます。
たとえば、時事性を意識していたり、公平な視点が必要であったり…ぜひお試しください。